ギターとビールとYasubeiと

アクセスカウンタ

zoom RSS K.ヤイリ・・・じゃあなくて

<<   作成日時 : 2011/11/04 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

このところ、Dサイズでローズ単板のギターを探しておりました。

ローズ単板といえば、あまりにもスタンダードなMartin D-28

やはりギターのスタンダードはこれだ・・ということで
かなり真剣に探してました。
懐具合と相談しながら、アチコチで試奏しては溜息をつき、

「やっぱり70年代のD-28はいいなあ」

などと独り言をいいつつ、買えもしないビンテージ物を弾いては
無理やりあきらめておりました。

ところがある日、ギターに関しては相当な知識をお持ちで、
色んな方面での私の師匠とも言うべき村雨希望さんから
「お得なギブソンのローズ仕様が出ている」という情報をいただき、
早速触手を・・・

Gibsonのローズといえば、J-45Rosewoodも魅力的ですが、
今回思い切ってしまったのはコチラ

画像


ジャーン、Gibson Songwriter Delux

K.Yairi以外のギターは34年振りです。

裏はこんな感じ
画像


2005年製造のこのギター
殆ど弾かれていないような感じです。
キズや打痕が全く有りません。ピックガードにも弾きキズは見当たりません。
到着してすぐにハードケースを開けたら、
とても酸っぱい感じの臭いがしました。

きっと弾かれないままケースに入れられて押入れにでも保管してあったのでしょう。

早速弾いてみようと思ったら、弦が完全に錆びてました。
先ずは弦の交換。 弾きたい気持ちを抑えてチューニング・・・

「あれ? なんとなく響かんなあ」

チューニングも終わり、さてと・・弾いてみると・・・

「う〜ん、ナンというべきか・・篭った音」

ちょっとショックを受けつつも先ずはケースの天日干し。
酸っぱい臭いを消すには天日干しが一番。

ギターは天日干しは恐ろしいので、弦を完全に緩めて部屋干し。
この季節は湿度が低いので、若干の調節をしながら3日間の部屋干し。

三日後、ネックの状態を観察したら意外にも反りやねじれは無く大丈夫そう。
弦を張ってチューニング・・・

「おっ、なんとなくいい感じ」

チューニングも終わり、さて弾いてみると・・・

明らかに3日前とは音が違う

気分良く15分くらい弾いていると、また音が変わってきました。

ローズの音だけどもサスティーンは少なめ。
MartinのD-28やD-35とは全く性格の異なる音です。

これは結構イケる音です。

D-28は、またいつか考えることにして、
このGibsonをこれから育てて行こうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時

ヤイリ以外の散財・・おめでとーございます。
あいちゃんと一緒で、このギブソン君が・・
Yasubeiさんの「顔」となると良いですよね。

 弾いて弾いて・・育てていく魅力はギター
弾きにとっては嬉しいモノです。(^_^)v
kitanyan
2011/11/04 22:13
>kitanyanさん

Martin探してた割りに、購入はGibson・・・
二代巨頭対決のようです。

確かに、あいちゃんのJ-50は良い音に育ってますモンね。
今後、色々とメンテナンスとか調整とか出てくると思いますんで、
良い店をご紹介くださいね。
Yasubei
2011/11/05 06:40
Gibson Songwriter入手おめでとうございます。
先日早速抱かせていただいた感想ですが、
RosewoodでもGibsonらしさをちゃんと味わえるギターだと思いました。
フィンガーでもストロークでも応えてくれるので、
いろんな場面で活躍することと思います。
ヤイリギターも勿論素晴らしいのですが、
老舗・Gibsonもまた
Yasubeiさんの新たな「顔」として育ってゆくことと思います。

CL-45と並べてセッションしたいですね!
村雨希望
2011/11/05 08:14
>村雨希望さん

このギターは村雨師匠のアドバイスの賜物です。
その折には色々と教えていただき有難うございました。
時間が有れば弾いているんですが、出張中は流石に弾けず
うずうずしておりました。
CL-45との演奏、是非お願いいたします。
Yasubei
2011/11/05 16:00
難しい事は よく分かりませんが
我が家にJ-50が来た時と 状況が よく似ています。
弦は錆び、新品弦に交換しても鳴りが悪く超ショックでした。
風通しの良い湿気が無い日にラジオのスピーカーの前に放置。
弾いて振動を与え我慢すること3年・・・
やっと今の音に育ちました。
あいちゃん
2011/11/07 10:19
>あいちゃん

そうですか。状況似てますか。
3年経ってあれだけの鳴り・・Gibsonサウンドは素晴らしいですね。
もうすっかり「あいちゃんの顔」です。
このSongwriterも弾きまくって3年掛かるかな。
また機会ありましたら弾いてやってください。
Yasubei
2011/11/07 20:57
 真心のこもったケーブルをありがとうございます。
ひとつ一つの部品がしっかり作られていて、さぞ
たいへんだったと思います。
 あらためて、ありがとうございます。
45だけでなく色々使用用途は、ありますので
又ご披露させていただきます。
 このお礼は、私の自宅でお好みのスパでも
もちろんビール付で どうもありがとうございました。
シヨートホープ
2011/11/15 21:05

・・・・グスン(涙)。

あんなに、「他の子(娘)になんか興味ない!」なんて、
言い張ってたのに・・・あなたって人は・・・んもぅ!!

・・・・・

さて、冗談はさておき、
Gibson購入おめでとうございます。

先日、ライブ時に弾かせて(触らせて)いただきましたが、
ローズらしい深みある良い音のギターでしたね。

ルックスも、伝統の呪縛にとらわれない近年のデザインで、
好感度バッチリですよね。

・・・『Gibson Songwriter Delux』と言えば、安兵衛!
・・・安兵衛と言えば『Gibson Songwriter Delux』!!

将来、そんな語り草となるかも??

・・・あれっ?
でも・・・「安兵衛さんって、ヤイラーじゃなかったの?」って、
言われないようにね(笑)

私も、ケースにしまいっぱなしのGibson(J-160E)を、
ひさしぶりに出して弾いてみようかしら?

※季節は冬に向かい、彼の命日が近づくと、
あのギター・・・無性に弾きたくなります。
Dr.John`@minosota
2011/11/16 11:55
>ショートホープさん

ケーブルも無事にお手元に届いてよかったです。
kitanyanさんにもご無理言いました。
ケーブルは音がかなり変わる要素のひとつですので、
色々と自作で楽しんでいます。

スパで一杯・・いいですねえ。楽しみにしてますよ〜
Yasubei
2011/11/19 14:31
>Dr.Johnさん

とうとう浮気心が出てしまいました。
まだまだ弾かれていない感じですので、これからが楽しみです。
モチロン、K.Yairiとは別物ですから、死んでもヤイラーですっ。
JohnさんもたまにはJ-160Eやテイラーを弾いてね。
Yasubei
2011/11/19 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
K.ヤイリ・・・じゃあなくて ギターとビールとYasubeiと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる