ギターとビールとYasubeiと

アクセスカウンタ

zoom RSS K.Yairi G2-F

<<   作成日時 : 2012/07/03 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

なかなか更新をしない気ままなブログなので、
いつ更新したのかも忘れ、ついでに持ってるギターの紹介にも、
「紹介忘れ」が発生しているようです。

忘れられたかわいそうなギターはコチラ

画像


K.Yairi のG2-Fというギターです。

TOPはスプルース単板
サイド&バックはオバンコール合板

ナット幅は43oが少し切れるくらいです。
抱えやすくネックも細身で、女性にもぴったりなサイズ。

気軽に手に取って弾けるので、練習にも活躍してます。

それにしてもちょっと増え過ぎかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、、、、増えてますな〜、、、
はげ山 monk ズら痔
2012/07/04 11:50
>はげ山 monk ズら痔 さん

いやあ、ちょっと前から家に居まして・・・
紹介忘れでして・・・

言い訳です。
Yasubei
2012/07/04 12:31
紹介忘れはちょっとかわいそうなG-2Fですね・・・
Blues弾き語るにはぴったりなモデルと思います。
これの全単板版ってヤイリにありましたっけ?
小型ギターの高品質には定評のあるヤイリ。
カスタムになりますかね・・・
村雨希望
2012/07/04 19:30
>村雨希望さん

ホントにかわいそうです。
でも弾いてあげてますので、まあ良しとしましょう。

コレの全単板は、残念ながら無いですね。
私も正直なところ、ノクターンよりもG1-Fなどの単板があればいいなと
思ってた次第です。
カスタムで、サイド&バックをマホ単板かオバンコール単板にすると
Gibson風で良いかも。
カスタムになりますし、価格も13万くらいになりますね。
そうなるとK-13シリーズとの差別化が難しいかなあ。
全単板が無いのは、そんな理由かもしれませんね。
Yasubei
2012/07/04 21:55
G1-FのボディはTFなので、K13のTF、マホとはいかなくてもサペリなら現実的なのでは?
まる
2012/07/13 17:50
>まるさん

そうですね。TFでK13サぺりなら現実味がありますね。
K13シリーズはリーズナブルな価格で、
且つ作りは丁寧だし、材も見てくれの問題だけですから
コスパが高くて優秀なシリーズと思います。

最近はマホも不足しているようで、これからのギターの行く末が気になります。
Yasubei
2012/07/14 18:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
K.Yairi G2-F ギターとビールとYasubeiと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる