ギターとビールとYasubeiと

アクセスカウンタ

zoom RSS バングラディッシュに行ってきました。

<<   作成日時 : 2013/01/20 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

新年早々、最初の出張先はバングラディッシュです。

最近何かと話題の「チャイナプラスワン」ということで、
ベトナム・ミャンマー・インド・カンボジアなど東アジアに生産拠点を構える
ところが多くなり、仕事柄必然的にその地域に行くことが増えてます。

中部国際空港から香港経由で約9時間後に首都ダッカに到着。
香港まではルンルンでしたが・・・
到着は夜でしたのでよく分かりません。

翌朝、外に出ればあまりに埃っぽい空気・・・
それに意外な寒さ。
季節は冬なんですが、40年ぶりの寒波ということで気温8度

えっ、バングラディッシュって猛暑のイメージなんですが・・・

でも寒いんです。ダウンジャケットを持って行ってよかった。
外行く人も何となく厚着・・かな。

人はこんなカンジ

画像

上手に頭の上に載せて、絶妙のバランスでスタスタと歩いていきます。

現地の人はとにかく歩きます。どこまでも歩いて行きます。
交通手段はバスが中心になってますが、そのバスもてんこ盛りの乗車率。
そしてこのバスの台数がとにかく多い。町中バスだらけです。
右も左も前も後ろもとにかくバス。

バスはこんなカンジ

画像

廃車じゃあありません。現役です・・・・
これはフロントガラスが割れてないので、まだマシな方でしかもキレイな部類のバス。

こんなバスが交通ルール無視のような運転で走ります。
少しの車間があれば突っ込んできます。
その上道路は完全には舗装がされておらず、デコボコ道を上下に激しく揺られて走ります。
よって町中大渋滞が起こります。

この渋滞は全く動きません

6km進むのに3時間掛かりました。
どうなっているのか・・・
ああ、先頭のヤツの顔が見たい・・・
日本人はイライラしてしまって精神衛生上良くありません。

日常茶飯事なので、現地の人はノンビリとひたすら動くのを待ってます。
バスの周りには食べ物などを売る人々が乗客になにか売ってます。

これでは時間が読めません。納期オクレは当たり前。

歩いたほうが早いだろっ
と言うことになって、人はひたすら歩きます。

それでも歩きたくない&バスは乗りたくないという人は

コチラの乗り物に・・・
画像

廃車じゃあありません。現役です。

こういう小さな三輪トラックみたいなのがミニタクシーになってます。
これもいたるところに走ってます。 小さいので道路逆走も平気です。
何といってもルール無視ですから何でもアリです。
大型トラックの荷台には溢れんばかりの人が乗ってます。
列車の屋根にも大勢の人が乗ってます。屋根は運賃タダです。
落ちて死んだら自己責任ということらしいです。
日本の1/4の国土に1.5億人が居ますから・・・

街のあちこちに市場のようなものがあって、買い物でごった返していますが、
こんなコンビニもあります。

画像

そうです。コンビニです。チェーン店ではありませんが、人々にとってはコンビニです。

また我々の常識では計れないことは沢山あります。
画像

日曜日は休みではありません。金曜日が休みです。
なんだか調子が出ません。

街には学校に行かない子供たちが溢れ、何かを売りながら又は親の仕事を手伝って、
生計を助けています。 道路に落ちた小さな金属を拾い集めてる子もいます。
成人の半分位が字が読み書き出来ません。識字率57%ほど。

仕事で行ったにしても、色々と考えさせられる出張でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
バングラデッシュ出張お疲れさまでした。
疲れが言える間もなく、次の出張もお疲れ様です。

バングラデッシュ・・・実情を初めて知りました。
世界にはまだまだ知らないことだらけ。
常識が常識ではない・・・
そんなことに気付かされますね!
村雨希望
2013/01/22 09:27
バングラディシュのマスコミからの映像は見たことがありますが
生のレポートは初めてで大変興味深く見させてもらいました
出張ご苦労様でした
僕らも子供の頃くず鉄を拾い集めて小遣いにしていました
紐の先に磁石を付けて引っ張って歩いていました
半世紀も前の話です
半世紀前には日本でもこの写真のような3輪トラックが走っていました
馬車の後に出てきたのはこんな3輪トラックでした
同級生の親父が馬車から3輪トラックに乗り換えて仕事をしていました
久米
2013/01/24 16:19
バスの画像を拡大して見るとボコボコですね〜!
それでもハンマーで叩き出して鈑金してあるのが
何とも言えないです。
その横を日本車のRVらしき車が1/3程見えてますが
これを見ると貧富の差が激しそうな国ですねっ!
日本ですら行ったことが無い地方もあるというのに
世界は広し・・・です。
あいちゃん
2013/01/25 18:26
>村雨希望さん

ホントに世界には色んな国があって、
その国の常識が理解できないことも多々ありますね。
特に宗教的な事項は不思議なことばかりです。
イスラム教ですので、お酒は一切禁止です。
もし飲酒が発覚したら厳罰となります。麻薬の一種という扱いですね。
これは私には相当辛い不思議な事柄です。
Yasubei
2013/01/25 19:33
>kumeさん

日本の50年前の姿が今のバングラデッシュに当たる感覚ですね。
泥水の川で行水をして下痢から脱水症状で命を落とす人がいます。
子供は殆ど裸足です。学校に行ける子は政府の役人の子など
一部の限られた子供だけ・・・
学校内いじめの話題が中心になってしまう国とは比較になりません。
Yasubei
2013/01/25 19:40
>あいちゃん

車は凄いですよ。バスは殆どが日野自動車の中古です。
窓ガラスは割れてありません。 ぶつかっても平気です。
乗用車は少ないですが、これも日本では殆ど見なくなった
20年くらい前のカローラが中心です。これも中古車が輸入されてます。
テールランプは割れて点燈しない車が大半です。
それでも自家用車を所有できるのは限られた裕福な人です。
貧富の差はかなり格差がありますね。
道路の整備がされていないのに車は年々増えていく・・・
どうなることやら。
Yasubei
2013/01/25 19:48

 凄いなぁ・・。とても考えさせられる話ですね。
東北震災に足を踏み入れた息子さんの話も思い
出されます。

 下を見れば今の自分たちの幸せがひしひしと
感じられます。今の生活に文句なんて言ってられ
ないですね。

 こんなところがこの世界にはまだまだ一杯
あって、辛い生活をしてるんだ!と言うことを
子供たちに教えたいです。

 とてもいい話を有り難うございました。
kitanyan
2013/01/31 22:11
〉kitanyanさん

バングラデシュは最貧国の扱いですが、裸足で元気に走り回る子供たちの人なつっこい笑顔には癒されます。安い労働力をアテにした海外生産の表裏は、いろいろ考えさせられました。
Yasubei
2013/02/01 12:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
バングラディッシュに行ってきました。 ギターとビールとYasubeiと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる